トータルリフォーム・リノベーションならエスケー住宅サービス

洗面所
ホーム > リフォームメニュー > 水廻りリフォーム > 洗面所

洗面化粧台も年々進化。使いやすさや細やかな工夫に注目

浴室と隣接している洗面所の場合は、浴室リフォームとタイミングを合わせて行われることが一般的です。古くなった洗面化粧台の交換が目的の場合は、壁紙や床の張り替えも同時に行って空間全体をリフレッシュするケースが一般的です。洗面化粧台は洗面所のスペースに合わせて好きなデザインで造作する方法と、既製品を使う方法があります。最近は既製品もバリエーションが多く、洗面ボウル、鏡、キャビネットなどを選べるタイプや、掃除などのお手入れがしやすい素材を使ったもやデザインなど工夫がされた製品も多いです。

洗面台の用途に合わせて機能を検討
洗面所は洗顔、メイク、脱衣、家事を行うなど多様な用途をもつ空間で、それに合わせて洗面化粧台の水栓やキャビネットの使い勝手やボウル周辺の掃除のしやすさや収納量を決めましょう。
システム洗面
幅75cm、高さ180~190cmの商品が一般的です。コンパクトながらも清除がしやすく収納量も豊富です。
造作
ボウルとカウンターだけでしつらえる、好みのデザインにしたいなど、ご希望に応じてオーダーメードが特長です。

選び方のポイント、収納量や使い方に合わせて快適な空間の演出を

洗面化粧台は収納力が選択ポイントの一つです。収納キャビネットは、高さがあるものを入れるとき便利な開き戸式と、奥のものも取り出しやすい引き出し式があります。二面鏡や三面鏡などミラー部は扉内部も小物収納になっていることが多いです。最近は、おしゃれな洗面ボウルや水栓金具を組み合わせた、デザイン性の高いオリジナル洗面化粧台の人気も高い傾向にあります。左右からタテ型のLED照明で顔を照らすため、顔に影ができずメイクがしやすいミラーなど、継ぎ目がなく、お手入れが簡単な洗面ボウルと一体型のカウンターなど。
キャビネットに収納できるスツールに座って洗顔後にゆっくりメイクやフェイスケアができるタイプなど快適な空間を演出してみてはいかがですか?

洗面ボウルの素材やデザイン、掃除のしやすさも確認

人の目に触れることも多い洗面所。洗面ボウルやカウンター、水栓金具などインテリアにこだわった洗面化粧台も増えています。選ぶときは常に清潔さを保てるよう掃除のしやすさに配慮したい。とくに汚れが目立ちがちなのが洗面ボウルだろです。陶器や人造大理石はその素材感が魅力的です。汚れにくく手入れのしやすい表面加工を施したものもあり、成型しやすい樹脂製は、カウンターと一体仕上げにして水ハネに対応したものもあります。水栓金具を高い位置に取りつけたものは水アカやゴミがたまりにくく掃除しやすい特徴があります。

一般的な陶器タイプ
ガラスタイプのおしゃれなタイプ
価格はミラー部やキャビネットで差がつく
洗面化粧台は、間口の寸法により価格が異なります。普及タイプの60cm間口は8万円台からあり、間口165cmでは30万円台から。また、キャビネットの面材やカウンターの素材などのグレードを上げると価格は高くなります。
わが家には何が必要か、きちんと見極めることが大切です。
  • お問い合わせ/資料請求
  • プラン/見積もり依頼

お問い合わせ・資料請求 プラン見積もり・資料請求