トータルリフォーム・リノベーションならエスケー住宅サービス

お風呂
ホーム > リフォームメニュー > 水廻りリフォーム > お風呂

機能性、快適性をアップさせて癒し空間

古くなって汚れやカビがとれなくなっていたり、一戸建てで浴室周辺の躯体が傷んでいたりしたら、そろそろ浴室のリフォームをおすすめします。最近のシステムバスは保温性の高いエコ商品が多いので、新しいシステムバスに交換するだけでも、省エネ効果や快適性がアップします。また、浴室暖房換気乾燥機や浴室テレビ、ミストサウナなど最新設備の付いたものにグレードアップするのも快適性能でオススメ。
機能性や快適性がアップすることで、バスタイムがもっと楽しくなります。浴室リフォームの際には、給湯器の取り替えも一緒に検討した方が良いかと思います。エコキュートやエネファームなど貯湯や発電できるタイプもあり、また在来工法の浴室の場合は、バスタブやシャワーなどのデザインや、床や壁の素材にこだわってリフォームするという選択もあります。

バスや種類、広く利用されているのは既製品のシステムバス
浴室をつくるには、現場で職人が工事を行う「在来工法」と、「システムバス」を利用する方法とがあります。在来工法は、従来の戸建住宅で広く普及していたもですが、しかし近年では、一戸建て、マンションのリフォームともに、工期が短くてすみ品質の均一なシステムバスが主流になっています。
在来工法
完全なオーダーメードで、個性的なデザインや特殊なスペースに対応させたいなどの場合に向きます。仕上がりが職人の腕次第、工期も1?2週間と長くかかります。
システムバス
床、バスタブ、天井や壁などのパーツを工場で成型してユニット化し、現場に運んで組み立てます。工期は2?3日と短く、既存の柱があっても柔軟に対応可能です。

保湿性

冬場の暖かさが肝心なバスタイム
システムバスはそれ自体が独立した箱で、設置した状態では二重構造となり、在来工法より暖かいのが特徴。最近では、壁や天井、バスタブ、フタを保温材でくるみ熱を逃がしにくくし、床材にヒヤッとしない素材を用いた商品もあります。

リラックスタイム

浴室をくつろぎ癒し空間へ変身
疲れをほぐすジェットバス、さまざまな水流を浴びられるシャワー、映像や音楽を楽しめるシステム、調光機能のついた照明やライティングできるバスタブなど、くつろぎの提案がいろいろあります。
システムバスの基本サイズ
1.25坪タイプ
1坪タイプ
0.75坪タイプ
安全性や手入れのしやすさなどの基本性能をチェック

最近のシステムバスはバリアフリー仕様が一般的になっていますが、その基本的な内容をチェックしておきましょう。例えば、洗面所との床面の段差は小さく、床面には滑りにくい加工を施し、バスタブや洗い場周辺には握りバーの手すりを設置します。バスタブのまたぎの高さは42cm前後と低めで、いったん座ってからバスタブに出入りできるように縁が広くとられている。半身浴のために、内部に一段高い座れる部分を設けたバスタブもございます。また洗い場にベンチを設けたプランもあり、入浴がしやすい。温度差を解消するため冷たさを感じにくい床材を採用したり、専用の床暖房を設置できる商品もあります。 清掃性もポイントです。排水口は1カ所で髪の毛などを除きやすい構造をもち、床は特殊な表面形状により水はけがよく乾きやすものも、壁はパネル状で、スポンジで拭くだけできれいになる、というのが標準的な仕様になっています。

最新機能を選ぶ
水はけのよい床
表面のパターンが水の流れを誘導し、床の乾きが早い。足裏にソフトで冷たい感触がなく、ひざをついても痛くないです。
掃除のしやすい排水口
バスタブの残り湯を利用し排水トラップ内にうず流を発生させ、そのうずの力で汚れをつきにくく、髪の毛やゴミをまとめて捨てやすくします。
室内を暖めるシステム
入浴前にスイッチを入れると、40℃?45℃に設定したお湯がカウンター下の噴出口から出て、蒸気が充満してから約1分で床と浴室内を暖めます。
いつまでも暖かい浴槽
断熱構造でずっとあったかで、断熱構造で冷めにくい浴槽だからお湯はり4時間後も温度の低下は2.5℃以内。夜遅くても温かく、すぐにお風呂に入れます。 
  • お問い合わせ/資料請求
  • プラン/見積もり依頼

お問い合わせ・資料請求 プラン見積もり・資料請求