トータルリフォーム・リノベーションならエスケー住宅サービス

キッチン
ホーム > リフォームメニュー > 水廻りリフォーム > キッチン

最新設備で使いやすいキッチンへしませんか?

調理や洗い物などさまざまな作業をするキッチン。「狭くて暗い」「収納が少ない」「設備が古くて使いにくい」「動線が悪くて効率的に動けない」などの不満は多いはずです。キッチンのリフォームでは、設備を交換する手軽なものから、独立型をオープンタイプにするなどレイアウト変更も含むものまで、さまざまなプランで悩みや不満を解消できます。最近は、省エネ性に優れた設備や、家事がラクになるプランなど選択肢も多いです。自分にとって使いやすいキッチンをイメージすることから始めませんか。

キッチンの種類

まずはキッチンの配置やスタイルを知っておくことです。キッチンの種類には、まず、システムキッチンと、オーダーで造作する方法があることを知っておきましょう。最近のシステムキッチンは、既製品とはいえ、選べるキャビネットや天板(てんばん)の素材、設備機器のバリエーションが豊富で、広く利用されています。多くのメーカーから商品が出ているので、カタログなどで事前に情報収集オススメします。
次に、キッチンからダイニング空間をどうつなげていくかを考えます。間取りやレイアウトは以下のような多様なパターンがあり、それぞれ特徴をもつ。選ぶポイントは、キッチン空間にあてることのできる広さと、キッチンに立つ人がどのように作業をしたいのか、複数で作業を行うことがあるのかなど使い方次第です。

キャビネットとビルトインタイプの機器を組み合わせて、継ぎ目のない天板を一体成型したもで、寸法の自由度も高いのが特長。
素材、寸法、機器ともにすべて自由に決められ、コストを高くも安くもできるのがメリット。オリジナルのデザインを希望する人向け。

間取り・型

独立型
油煙や臭いが他室に流れたり、手元を見られることを気にせず調理に専念できます。比較的自由に収納計画を立てられます。
セミオープン型
キッチンセットを壁付けにすると、もっとも省スペース。ダイニングに向かって対面させるスタイルは会話がしやすいです。
オープン型
キッチンセットをダイニングに向けて設置し、作業の手元を隠しつつ、家族と対話しやすいのが特長です。
L型
L字の両側にシンクとコンロを振り分けるパターンが多いです。洗いものをしながら鍋の中身をチェックでき、効率よくこなせます。
I型
シンクとコンロ、冷蔵庫を一列に並べたコンパクトな配置。シンクとコンロ間の作業スペースは60cm以上は欲しいものです。
ペニンシュラ型
ダイニング側にカウンターを広く突き出させ、シンクを配して対面キッチンとしたり、配膳スペースや食卓などに利用します。
アイランド型
カウンターの一部を島のように壁から離した配置。アイランド部を囲み複数で作業ができてコミュニケーションが図りやすいです。
U型
独立型のキッチン向きで、広いカウンターがとれ、ゆったりと作業できる。内側の間隔は、一人の作業では90~120cm程度です。
Ⅱ型
左右、振り返りの動作で効率よく作業できます。片方の台を準備や配膳、家電置き場などに使えて収納量も豊富にとれます。
ワンポイントアドバイス動線・収納・設備

デザイン性も大切ですが、同時に、いかに使い勝手をよくするかを考えないといけません。以下の3つがポイントに。「動線」は、キッチンワークはもとより、ほかの家事のしやすさが重要です。出し入れのしやすい「収納」は、作業のスピードアップにつながり、そして最新の「設備」を取り入れることで、より料理をおいしく仕上げ、作業の負担を軽減出来ます。

便利な機能がたくさん、優先順位をつけて選ぼう

最近は魅力的な設備が増えています。片づけの手間を省く食器洗い乾燥機、電気を熱源とする高火力なIHクッキングヒーター、調理に便利な機能がついたガスコンロ、手入れのしやすいレンジフードなどがあり、特徴をよく知って本当にわが家に必要な機能かをよく考えて選びましょう。なお、IHクッキングヒーターの場合、電気容量を増やしたり、新たな回路の引き込みが必要な場合もあるので注意してください。

掃除のしやすいレンジフード
油煙を導きやすい形状のフードや油をトレイに集められる構造、拭きやすい整流パネルなど、手入れのしやすさが向上しています。
衛生的、節水効果も高い食器洗い乾燥機
食後の時間を有効に使えます。高温のお湯ですすぐので汚れがきれいに落ち衛生的で、手洗いよりも使う水の量は少なくて済みます。
使い勝手が向上したガスコンロ
従来の60cm幅に加え、大きな鍋を並べられる75cm幅も登場してます。効率のよい高火力、油温度の調節や安全機能などが充実しています。
直火の出ないIHクッキングヒーター
プレートが平らなガラス質で、掃除がしやすいです。ガスコンロから替えられますが、電気容量のチェックや配線の変更が必要となります。
  • お問い合わせ/資料請求
  • プラン/見積もり依頼

お問い合わせ・資料請求 プラン見積もり・資料請求